日本とはスケールが違いすぎる!世界のビックリ温泉ベスト4

日本には大小多くの温泉が存在しますが、世界にもたくさんの温泉が存在しています。ここでは海外ならではのスケールの大きな温泉をお伝えします。

イエローストーン

イエローストーン国立公園は世界で初めての国立公園です。

間欠泉が吹き出たり、マンモスホットスプリングスと呼ばれる、白っぽい石灰岩が重なってできた温泉段丘は一見の価値ありです。イエローストーンの温泉自体は90度程度もあり、過去に死亡事故も起きており入浴することはできません。

 

 

@melissaakazがシェアした投稿

ただし、イエローストーン北ゲート付近に「BOILING RIVER」と呼ばれる水着を着て入浴できる温泉があります。源泉かけ流しの温泉ですが、付近を流れる川の水を温泉に混ぜて水温を下げる必要があります。

入浴料はかかりませんが、温泉は非常に高温なので火傷には注意しましょう。

ブルーラグーン

ブルーラグーンはアイスランドにある温泉施設で、面積は競泳用50mプール4個分の広さがあり、露天温泉としては世界最大のものです。実に温泉の全体を一周するだけでも10分以上かかる広さです。

このとんでもない広さを満たすほどの湯量はどこから出てきているのか、と思われるかも知れませんが、実はこの温泉は自然に湧き出ているのではなく隣接する地熱発電所が汲み上げた地下熱水の排水を再利用した、巨大な人工温泉なのです。

この温泉の泉質は硫酸塩泉・塩化物泉で源泉の温度は240度にも達します。この白濁した温泉水は高い皮膚病治療効果があり、全世界から多くの人々が訪れます。

ペニンシュラ温泉

 

Finally got to go here @peninsulahotsprings ♨️💧 #peninsulahotsprings #bucketlist #thermalpool #morningtonpeninsula #visitmorningtonpeninsula #visitvictoria #hotsprings

⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀NIKKI💎さん(@nikkii.sutton)がシェアした投稿 –

オーストラリアにあるペニンシュラ温泉は、日本の温泉に魅了されたチャールズ・デビッドソンがオーストラリアに作った温泉です。緑あふれる素晴らしいロケーションの中で森林浴を楽しみながら、温泉も楽しめるこの上ない最上の環境にあります。

日本と同じように裸で入浴はできず、水着を着用する必要性はありますが、日本にない雄大な自然を楽しみながら温泉を楽しむことができます。

パムッカレテルマル温泉

遺跡が足元に沈んでいるというとんでもない温泉がここ、パムッカレテルマルです。もとは水の神を祭る神殿跡だったそうですが、まさかそんなところを温泉として利用できるようにするとは。

付近にあるヒエラポリスパムッカレでは温泉水がプールから湧き出て鍾乳石が形成され、世界に二つとない奇跡の絶景を生み出しています。

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

さて、日帰りや宿泊で温泉に行くときは移動手段をどうするかが問題になってくると思います。

電車やバスなどの公共交通機関ですと、大勢で温泉に行く場合には乗換などが不便ですし、車で行く場合は運転手が宴会でお酒を飲むこともできなくなります。

そこで、運転手も不要寄り道も指定できる貸切バスでの温泉旅行をおすすめします。

貸切バスならプロドライバーが集合場所から温泉宿まで運転してくれますし、移動中は参加者の皆様でワイワイ楽しみながら交流を深められます。

自分たちは運転する必要がないので宴会でお酒を飲んで、こころゆくまで温泉を堪能できます。

また、温泉宿や周辺施設などの手配についてもバスの手配と宿泊先の手配を一括で行う会社もあります。

ぜひ、この機会に貸切バスでの温泉旅行をご検討ください。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ