湖に住むあの動物まで!?温泉に入る動物たちが可愛すぎたっ!

温泉は入るだけでも様々な効能がありますし、湯治としての利用もできる癒しのスポットです。さて、その温泉に入る動物がいることをご存知でしょうか。おそらく地獄谷のサルは有名かと思いますが、その他にもこんな動物が温泉を楽しんでいます。ぜひここで動物たちの意外な一面を知って会いに行ってみてください。

入浴するバイカルアザラシ

画像引用:箱根園水族館公式HPより

神奈川県足柄にある箱根園水族館に入浴しているというバイカルアザラシがいます。大きな体にくりっとした大きな目玉。しぐさも泳ぎ方も可愛らしいバイカルアザラシです。普段は見られない一風変わった愛らしい動きに魅了されること間違いなしです。

地獄谷で入浴するサル

長野県にある地獄谷はサルが温泉に入ることで有名なスポットです。公式サイトでも「世界で唯一、温泉に入るサル」と謳っており、毎年冬になると多くの人々が温泉に入るサルを一目見ようとここに訪れます。今ではメジャーになった温泉に入るサルですが、昔からサルが温泉に入っていたわけではないようです。

ある時、手段としての餌付けに成功し、サルが野猿公苑に滞在する時間が長くなった結果として、サルは次の餌をもらえるまでののんびりとした時間が生まれます。その時偶然にも子ザルが近くの後楽館の露天風呂に入ることを覚えたそうです。そして、次々に仲間のサルたち子ザルにつられて温泉に入ることを覚えたのです。以後、人の温泉にサルを入れるのは衛生上の問題があったため、野猿公苑内にサル専用の温泉を作って今に至ります。

伊豆シャボテン動物公園のカピバラ

画像引用:伊豆シャボテン動物公園公式HPより

全国に何カ所かカピバラが温泉に入る動物園は存在しますが、ここでは静岡県にある伊豆シャボテン動物公園にいるカピバラたちに注目します。

今では有名になった温泉に入るカピバラですが、元々は飼育員が冬にカピバラの展示場を掃除していた時に、カピバラたちが小さなお湯だまりに集まり、手足やお尻をつけて気持ちよさそうにしているのを見たことがきっかけとなってカピバラをお湯にいれるという発想に至ったそうです。

以来、冬になるとカピバラたちにとって露天風呂は欠かせないものとなりました。また、その気持ちよさそうな姿はそれを見る人間にも癒しを与えてくれること間違いなしです。

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

さて、日帰りや宿泊で温泉に行くときは移動手段をどうするかが問題になってくると思います。

電車やバスなどの公共交通機関ですと、大勢で温泉に行く場合には乗換などが不便ですし、車で行く場合は運転手が宴会でお酒を飲むこともできなくなります。

そこで、運転手も不要寄り道も指定できる貸切バスでの温泉旅行をおすすめします。

貸切バスならプロドライバーが集合場所から温泉宿まで運転してくれますし、移動中は参加者の皆様でワイワイ楽しみながら交流を深められます。

自分たちは運転する必要がないので宴会でお酒を飲んで、こころゆくまで温泉を堪能できます。

また、温泉宿や周辺施設などの手配についてもバスの手配と宿泊先の手配を一括で行う会社もあります。

ぜひ、この機会に貸切バスでの温泉旅行をご検討ください。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ