落ち着いて温泉に入りたいなら知っておきたい、貸切温泉と客室温泉

貸切温泉とは

貸切温泉とは特定の個人や団体が一定の時間に料金を支払って、貸切って利用できる温泉のことを指します。貸切温泉のほかに、貸切風呂や家族風呂などと表記されていることもあります。この2つに大きな差はなく、貸切温泉は貸切風呂が温泉である、という点があげられます。貸切風呂・貸切温泉はカップルや小さな子供のいる家族で利用することが多いようです。

共同の施設の温泉とは違い、他人の目を一切気にせずゆったりと利用できるため、化粧をしたり余所行きに気を遣う必要がなく気軽に利用できる点が、主な人気の理由です。また、様々な入浴方法を試してみたいものの他のお客さんがいる状態では試せない、という場合にも温泉を貸切って利用してみるといいでしょう。

基本的には1時間ごとの料金のものが多いですが、場所によっては一晩まるまる貸切で利用できたり、湯船のなかでお酒が飲める温泉もあるようです。普段テレビなどで湯船につかりながらお酒を飲んでいるシーンを目にしますが、なかなか実際にできるところはないので見つけた際には予約してみてはいかがでしょうか。

客室露天とは

旅館などの温泉とは別に客室に露天風呂や温泉がついているものを指します。場所によっては客室だけ温泉ではないこともあります。客室露天や客室風呂はなんといっても、プライベート空間でお風呂を楽しめることがメリットとしてあげられます。カップルで温泉地を訪れた際にも別々でお風呂に入らなくてもいいため、2人だけの空間でゆっくりとくつろぎたい場合や落ち着いて入りたい時には最適でしょう。

また、お部屋の客室風呂から海が見えたり、露天風呂がヒノキで出来ていたり、自然が楽しめるなど付加価値の高いものも最近では登場しているようです。

通常の部屋と比較するとやはり少々値段はあがってしまいますが、それ以上に満足できるはずですので、たまには客室露天付きの部屋を予約してみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

さて、日帰りや宿泊で温泉に行くときは移動手段をどうするかが問題になってくると思います。

電車やバスなどの公共交通機関ですと、大勢で温泉に行く場合には乗換などが不便ですし、車で行く場合は運転手が宴会でお酒を飲むこともできなくなります。

そこで、運転手も不要寄り道も指定できる貸切バスでの温泉旅行をおすすめします。

貸切バスならプロドライバーが集合場所から温泉宿まで運転してくれますし、移動中は参加者の皆様でワイワイ楽しみながら交流を深められます。

自分たちは運転する必要がないので宴会でお酒を飲んで、こころゆくまで温泉を堪能できます。

また、温泉宿や周辺施設などの手配についてもバスの手配と宿泊先の手配を一括で行う会社もあります。

ぜひ、この機会に貸切バスでの温泉旅行をご検討ください。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ