こんなに古くから・・?温泉は少なくとも○○時代からあった

最も古い温泉は?

明確な答えはありませんが、古事記や日本書紀に温泉の記述がみられますが、それらの文献から愛媛県の道後温泉・和歌山県の白浜温泉・兵庫県の有馬温泉が日本でもっとも古い温泉ではないかと言われているようです。

奈良・平安時代の温泉

言うまでもなく現代のようにお湯を沸かす装置などは存在しないため、古代ではあたたかいお湯は貴重だったはずです。さらに様々な泉質から入浴すると体が温まるだけでなく病気がよくなったとしたら、信仰の対象として崇められていたということもあるでしょう。

室町・戦国時代の温泉

この時代になると温泉は一般庶民には普及せず、武将や僧、戦国時代には武士の保養地となっていたようです。現在でも有馬温泉の「太閤の湯殿」など、当時の武将たちが訪れた湯にはその名前が残っている場所もあります。

戦国時代に多くの武将が傷を癒したことによって、のちの湯治場の発展に繋がったのではないかとも言われています。

江戸時代の温泉

戦国時代までは一般庶民が入れないのが温泉でしたが、この時代からは一変します。特権階級のみが許されていた湯治場に庶民が出入りすることが許され、この時代では湯治のために平均すると3週間ほど滞在していたようです。

この時代から徐々に温泉での娯楽の色合いが強まっていきました。

明治・戦前の温泉

温泉医学の父とも称される「ドイツ人医師ヘルツ」によって、西洋医学に基づいた温泉医学や温泉地開発の指導が実施されました。明治時代には日本で初めての全国温泉調査が実施され、「日本鉱泉誌」が発行されました。

明治時代には湯治場が保養や慰安の場へと変化していき、昭和時代には鉄道網の発達から都市部から温泉地への利便性が格段に上昇し、多くの人が地方の温泉地を訪れるようになりました。

戦後・現代の温泉

高度経済成長の時代に入ると温泉地は大きく発展していきます。景気の良さから宿泊施設は大型化し観光と宴会をセットで楽しむようになります。交通網も整備が進み、新幹線など鉄道の高速化も進みました。これにより都市部から地方へのアクセスが大幅にアップしました。

昭和60年ごろには温泉ブームが到来し、これまであまり温泉に訪れなかった女性客が主役となり、グループなど集団で温泉へ行くようになりました。

バブル崩壊後には宿泊客数は減少したものの、現在でも多くのひとが温泉に訪れています。

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

さて、日帰りや宿泊で温泉に行くときは移動手段をどうするかが問題になってくると思います。

電車やバスなどの公共交通機関ですと、大勢で温泉に行く場合には乗換などが不便ですし、車で行く場合は運転手が宴会でお酒を飲むこともできなくなります。

そこで、運転手も不要寄り道も指定できる貸切バスでの温泉旅行をおすすめします。

貸切バスならプロドライバーが集合場所から温泉宿まで運転してくれますし、移動中は参加者の皆様でワイワイ楽しみながら交流を深められます。

自分たちは運転する必要がないので宴会でお酒を飲んで、こころゆくまで温泉を堪能できます。

また、温泉宿や周辺施設などの手配についてもバスの手配と宿泊先の手配を一括で行う会社もあります。

ぜひ、この機会に貸切バスでの温泉旅行をご検討ください。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ