幹事になっても大丈夫!失敗しない温泉選びのコツ

目的は?

まずは温泉の目的を決めましょう。なんのために温泉へ行くのか、その答えによって選ぶべき温泉地は大きく変化してきます。美味しい料理が食べたいならどんな料理がいいかを考えてみましょう。社員旅行で社員同士の距離を縮めたいなら、宴会が開催できたり周囲にゴルフ場や果物狩りなど体験できる施設があるところを選ぶといいでしょう。

予算は?

目的が決まったら予算です。ここまで出せるというラインをあらかじめ決めておかないと、ついつい高いプランに誘惑されがちです。

日程は?

2つが決まったら日程と日数を決めましょう。このとき予算を意識しつつ日程を設定しましょう。大型連休など人の出が激しいときはどうしても料金が高くなりがちです。

何から選ぶ?

大体のプランが決まったらいよいよ温泉地を選びましょう。目的によって選び方を変えると決めやすいですし、参加者の満足にも繋がります。

泉質から選ぶ

治療が目的なら、目的に合った泉質を選びましょう。例えば慢性皮膚炎なら炭酸水素塩泉・硫酸塩泉・塩化物泉・硫黄泉・酸性泉(強すぎるものは除く)・放射能泉などが効果的だとされています。含鉄泉なら貧血に、放射能泉なら痛風や動脈硬化・高血圧症などに効果があると言われています。

お風呂の種類から選ぶ

近年、温泉地は大きく進化しており、打たせ湯や寝湯、景観の美しい露天風呂やサウナが付いている温泉もあります。たくさんの種類がある温泉もあれば、ほとんど種類のない温泉もあります。この辺りは参加者や自身の好みで選択しましょう。

距離から選ぶ

魅力的な温泉は都市部より地方にあることが多いですが、そこまでのアクセスで苦労される方は多いのではないでしょうか。

公共交通機関が発達した現代でも電車やバスだけでは行けない場所にあることもあります。レンタカーや自家用車などの車ならその点自由に動けますし、時刻表を気にする必要がありません。ただし、運転者は飲酒できませんし、長距離の運転で疲れてしまっては温泉に疲れを癒しにきた意味がありません。

これを解決するひとつの手として貸切バスを利用するという手段があります。人数によって一人あたりの負担は変化しますが、仲間のうち一人が運転したり、お酒が飲めないということがなく、移動中もみんなで楽しめるのでおすすめです。プランの提案を手伝ってくれる会社もあるので、そういったところの手を借りるのも温泉旅行を成功させる一つの手です。

料理で選ぶ

温泉地にはその土地特有の食材を使った料理が出ることが多いです。温泉だけでなく料理も楽しみたいグルメな方は、あえて料理から温泉地を選ぶという方法もあります。

宿から選ぶ

料理や温泉も重要ですが、綺麗な旅館に泊まりたいという方も多いはずです。参加者や自分の目的に合った温泉地を見つけて満足のいく温泉旅行を楽しみましょう。

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

さて、日帰りや宿泊で温泉に行くときは移動手段をどうするかが問題になってくると思います。

電車やバスなどの公共交通機関ですと、大勢で温泉に行く場合には乗換などが不便ですし、車で行く場合は運転手が宴会でお酒を飲むこともできなくなります。

そこで、運転手も不要寄り道も指定できる貸切バスでの温泉旅行をおすすめします。

貸切バスならプロドライバーが集合場所から温泉宿まで運転してくれますし、移動中は参加者の皆様でワイワイ楽しみながら交流を深められます。

自分たちは運転する必要がないので宴会でお酒を飲んで、こころゆくまで温泉を堪能できます。

また、温泉宿や周辺施設などの手配についてもバスの手配と宿泊先の手配を一括で行う会社もあります。

ぜひ、この機会に貸切バスでの温泉旅行をご検討ください。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ